卒制 | *ピンクのゾウ的☆デザイン*

*ピンクのゾウ的☆デザイン*

建築・デザインについてのブログです☆
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 裏ゼミ | main | 集中講義 >>

卒制

テストが終わって、(終わる前から?)4年生の卒制を手伝った。
今自分の道が見えなくなってて、
でも逃避ばっかりもしてられないからって話を先生にしたら、
周りを見てみろと言われ、手伝いを勧められたので、自らお願いした。
一昨日その先輩の発表が終わって、やっと一段落。
手伝ってよかったと思うのは、4年生たちのすごい作品を知れたこと。
本当にすごいと思った。
当たり前なんだけど、ずっと先を行ってて
自分の3年後がああなっている想像がつかない。
いろんな考えをもった人がたくさんいる。
みんな個性的でうらやましい。
学生としての最後の設計ということで、4年生たちはみんなやりきった感で溢れていると思っていたが、
プレゼンが終わって帰ってくる人たちはみんなダメ出しにあって、凹んで帰ってくる。
これはいつまでも同じなんだねw
進む道がわからないって言ってるけど、その答えはまだ見えない。
でも思ったのは、あたしは設計好きだなってこと。
4年生のみて興味わくし、手伝いも嫌いだったらやるはずない。
本屋に行ったら、まず建築コーナーに足が行くし、
建築の本買うために雑誌とかマンガ我慢しようと思う。(建築の本は高いから)
好きなんだけど、周りに埋もれてしまってるだけなんだ。
あたしみたいに建築好きな人いっぱいいるからわかんなくなるんだ。
人と同じなのが本当に嫌いだからね、あたしは。
こんなにたくさんライバルがいる中で個性を発揮するのは難しい。
だから道が見えてないんだと思う。
でも好きだって気持ちを思い出せたのはよかった。
間違ってない。
こないだある人に言われた言葉。
「天才ってのはひとつのことしか優れてないんだよ。だったら俺は天才じゃなくてよかったって思う」
これを聞いたときあたしは、それでも天才がいい。
建築においての100人に1人の天才でありたかった。って言った。
でも今思うと、天才じゃなくてよかったのかなって。。
今は建築やってて、負けず嫌いだから1番になりたいって心から思うけど、
建築しかなかったらあたしはきっと壊れちゃう。
今までだって、これから先だってその他のことに力を注ぐことだって必要。
その中でも考えていけたらもっと最高!!
自分の作品と向き合うのはまだちょっと逃避ぎみだけど、
今は外からの刺激を大事にしようと思った。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS